若頭会は、主に27歳~40歳頃までのメンバーで構成されています。

青年団・行司と経験した実績を活かした祭礼活動を主に行います。
あるときは、各所の曳行安全を見守る仕事をしたり、またある時は直接曳き手に回ったり等、青年団の曳行をバックアップする役割も行います。

上出会の中では、中間層の組織になるので、上出会と青年団のパイプ役として存在し、上出全体の層の厚さの一端を担います。


▲ページ上部へ戻る